Home > 企業情報 > 沿革

沿革

1927年(昭和2年)11月
珪藻土質耐火断熱れんがの販売を目的として設立、本店を大阪市に置く
1928年(昭和3年)4月
石川県に和倉工場(現七尾工場)を設置
1953年(昭和28年)1月
大阪株式店頭売買承認銘柄となる
1958年(昭和33年)4月
愛知県に豊川工場を設置
1961年(昭和36年)10月
大阪証券取引所市場第二部に上場
1962年(昭和37年)6月
米国法人Babcock & Wilcox Company(略称B&W社)の技術導入によるLBKれんが等の製造を開始
1967年(昭和42年)11月
高温用セラミックファイバー国産化のため、B&W社と合弁によるイソライトバブコック耐火株式会社(IBR)を設立
1969年(昭和44年)10月
集成材の製造・販売を目的とするイソライト建材(株)を設立
1974年(昭和49年)7月
石油製品販売事業(ガソリンスタンド)と七尾工場周辺の原料山採掘跡地の活用を図る目的でイソライト土地開発(株)を設立 
1983年(昭和58年)3月
東南アジアにおける当社製品の販売拠点Isolite Foster Refractories(Singapore)Pte.Ltd.を設立(平成12年4月に当社シンガポール支店に改組)
1986年(昭和61年)12月
セラミックファイバーの海外生産のためIsolite Eastern Union Refractories Co., Ltd.を台湾に設立
1988年(昭和63年)5月
IBRを吸収合併
1988年(昭和63年)11月
セラミックファイバーの海外生産のためIsolite Ceramic Fibers Sdn. Bhd.をマレーシアに設立
1990年(平成2年)4月
シンガポールのFoster Engineering Pte. Ltd.に資本参加
1990年(平成2年)8月
耐火断熱れんがの海外生産のためIsolite Insulating Firebrick Sdn. Bhd.をマレーシアに設立
1991年(平成3年)9月
大阪証券取引所の市場第二部より同市場第一部に指定替え
1992年(平成4年)7月
台湾に販売会社Isolite Fanshin(Taiwan)Co., Ltd.を設立
1997年(平成9年)3月
中国にセラミックファイバーの海外生産のため蘇州伊索来特耐火繊維有限公司を設立
1999年(平成11年)11月
音羽工場に技術研究所を統合新設
2004年(平成16年)11月
品川白煉瓦(株)(現品川リフラクトリーズ(株))を引受人として第三者割当増資を実施し、当社の親会社となる
2005年(平成17年)4月
サンゴバン・ティーエム株式会社が分社したセラミックファイバー事業部門を取得し、(株)ITMを連結子会社とする
2005年(平成17年)6月
中国市場に対する製品拡販のため、依索(上海)貿易有限公司(現伊索来特(上海)貿易有限公司)(IST)を設立
2005年(平成17年)8月
ITMがヨーロッパ地域における製品拡販のため、ITM Europe GmbHをドイツに設立
2006年(平成18年)4月
当社の住機事業を分社化し、石川県七尾市に(株)イソライト住機を設立
2012年(平成24年)1月
ITMが米国のUnifrax I LLCと合弁会社ITM-UNIFRAX(株)を設立
2013年(平成25年)7月
東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第一部に上場
2016年(平成28年)4月
イソライト土地開発はイソライト住機と合併し社名を(株)イソライトライフに変更